ホーム CUD 色覚について・しくみ

色覚について・しくみ

ヒトの色覚には先天的にも後天的にも多様性があります。その発生と仕組み、色弱者と呼ばれる方々、それぞれの特徴、呼び方についてを解説します。
色覚型の発生
ヒトの色覚は進化の課程で生まれました。ヒトには多くの色覚型があり、色の見え方は誰1人として同じではありません。その一部を色覚テストで色覚異常と呼んでいますが、法律上の障がい者ではありません。誰にでも分かりやすい配色にするためにはこういった人たちと相談する必要があると考えています。
色弱者について
色覚の特性とは?色弱者とは?
色弱・色盲・色覚タイプの特徴
色覚(しきかく Color Vision )は色の見え方感じ方のことを指します。ヒトには先天的あるいは後天的な原因で多くの色覚型があります。色覚型によって分かりやすい色と分からない色があります。色覚タイプがなぜあるのかそのしくみと特徴を説明します。
色弱・色盲・色覚異常・色覚障害など色覚の呼称
過去色弱・色盲・色覚異常・色覚障害など、色覚を表す言葉は多種多様です。色覚型を表す用語は分かりにくく差別を感じる人も多く、時代と共に変化してきました。これらの紹介とCUDが提唱する新しい色覚用語について説明します。